wordpress

WordPressで警告(Warning)を表示させないようにする方法

まず、一般的にはこの方法だと思います。

デバッグモードを解除(wp-config.php)

define('WP_DEBUG', false);

ただ、デバッグモードを解除しているにも関わらず、警告(Warning)が表示されてしまう場合があります。

その場合は、以下の1行を追加すれば表示されなくなります。

phpファイルに記述

error_reporting(0);

まとめ

こちらの記述ですが、ネットで調べると、wp-config.php、functions.php、に記述しているケースが多かったですが、自作プラグインにいれる方法を紹介しているサイトもありました。使い回す場合はその方が良いかもしれません。

本当は根本原因を解消した方がいいのかもしれませんが、

  • アップデート等を考えると、エラーが出ているプラグインを編集したくない。
  • 複数のユーザーが操作するからとりあえず表示させたくない。

など、機能に特に問題がない場合は非表示にした方が無難です。

自己紹介

松田 大と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

「Excel VBA」からスタートして、Yamaha RTX シリーズで VPN環境構築、Hyper-V環境構築、Windowsアプリ開発などを経験した後、「 WordPress 」に出会い、どっぷりハマっています(^_^)。

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

現在、代表取締役兼二児のパパ。イクメン目指して、公私ともに慌ただしくしています(笑)

コメントを残す